整理収納教育士

以前から受けてみたかった、整理収納教育士講座を受講してきました。

 

私自身を振り返ると、子供の頃は無駄なモノいっぱい買ってました。

親や祖父母に、買ってあげると言われれば、そんなにほしくないモノでも買ってもらっていました。

もらうという事が嬉しかった。使わないようなモノでも。

引き出しの中にモノを詰め込んでいました。

部屋はモノであふれ、かなり散らかっていました。

 

現在は、整理収納をすることで、暮らしや気持ちが大きく変わり、モノの持ち方、買い方も変わりました。

また、そのメソッドを伝えている我が子は、小学生のうちから余分なモノは買わないし、もらいません。

筆箱1つ買うのにも、いろんなお店を見て回り、何日も吟味して、本当のお気に入りを買っています。

 

 

大人になってからでも整理収納で大きく変わることができた自分。

その整理収納を子供の頃から、教育の1つとして教わってきた子供はどう育つのだろう。

具体的にどんないい効果があるのだろう。

もともと学生時代は教育を学んでいた自分にとって、とても興味深い分野でした。

 

 

実際の講座は、整理収納の基礎的な部分から、脳科学や感情、家庭で活かせる整理収納教育など。

多方面から整理収納教育を捉えていて、グループ演習もとても楽しかったです。

 

もっと勉強したいと思える分野でした。

ご一緒した整理収納アドバイザーのお二人、ありがとうございました。

下村先生、お世話になりました。

 

夏休みには、親子向けの片付け講座ができたらいいなーと思っています。