お別れ

以前blogに書いた、お気に入りの愛車。

14年3か月 一緒に過ごしてきましたが

先週土曜日 ついにお別れをしました。

お昼過ぎまで降っていた大雨がやみ、晴れてきた夕方に。

 

新しい車が来るワクワクよりも、寂しさの方が大きくて。

無事故 無違反 (無ぶつけ)で私と家族を守ってくれました。本当に感謝感謝。

 

でも、どんなに愛着があっても、思い出の品として残すのは難しく・・・

写真を撮りました。

心の中に残ってるから、大丈夫。絶対に忘れる事はない。

 

そう思ったら、家の中にある思い出の品も、もう少し手放しても良いのではと思えてきた。

 

思い出の品って、鍵みたいなもんだと思う。

それにまつわるエピソードを思い出すきっかけ。

 

人によって思い出の品の価値は様々だけど、私は時々見直して思い出を振り返られるくらいの量にまとめたい。すんごい量あったら、見るだけで疲れて、振り返るのが面倒になってしまいそうなので。

 

愛車とのお別れで、少しモノとのつきあい方を見直すこともできました。

 

ありがとう!パジェロミニ!